おばちゃんお得情報奮闘記

めんどくさがりやが思いつきでいろいろトライして失敗しています。無謀なやり方で悪戦苦闘。お金返して~!

原野商法の土地を見に行く【1/4】

こんにちは、おばちです。

「原野商法の土地を見に行く」を4回に分けて記事にします。

今日は1回目。

 

原野商法に引っかかってしまった亡き義父(以降:父)の残した土地。

持っていた土地を売らされ価値のない土地を買わされるという騙しの手口にひっかかったのが平成28年。

父はメンツを立ててか?詐欺に引っかかったことは私たち家族に一切口外しませんでした。

 「おやじは(義祖父)は遺言書を残してくれていたんだよ」

 と、嫁である私に生前自分の父はきちんとした人だったと自慢していたこともあったのに、自分はこの世に何も書き残すことなく逝ってしまいました。

亡くなった方をいつまでも非難するのはよくないのでこれで終わりにして、経過報告。

f:id:obachanseesaa:20171028213646j:plain

土地の権利書もなく(今はないようですが)いくらで契約したのかいくら損をさせられたのか書類が何も残っていません。

亡き父の保有地が、司法書士さんから指摘を受け 暴力団の絡む不動産屋さん(逮捕済)から騙されて買った土地だと分かってから相続するかどうするかとても悩みました。

原野商法で買ったとは言っても数千円の固定資産税がかかっています。

固定資産税の未払いによる督促状があったので現地市役所に取り寄せ知った場所でした。

司法書士さんが現地のどなたか?に固定資産税をかからなくなるように交渉すると(3月頃)言ってくれましたが、5月の半ばに今年も納付書が届きました。

ここで司法書士さんに確認すればよかったのですが、すぐ全額納付してしまいました。

どうも司法書士が実際には動いていなかった様子・・・というかこちらがお願いする必要があったのか??

(後日動いてくださって土地の評価は0円になり返金されることになりました)

 

相続する不動産は気が付かなかったと相続手続きせず意図的にこれだけを放置する手もあるようですが、罰則はないとはいえ、固定資産税通知が毎年届くのが嫌だったし、今後土地について義務化される方向があると聞きました。

いろいろ調べ、聞ける人には聞いてみました。

今の法制度では土地を完全に捨てる方法はないようです。

相続放棄して捨てたつもりでも管理責任は残るので完全に手放すにはだれかに名義を変えることは必須なのです。

負動産の相続を兄弟で擦り合うトラブルも耳にします。

仕方なく息子である相方の名義にすることだけは後ろ向き決定⤵

 

そして、問題の土地は自宅から車で数時間もかかる遠く離れた場所。

グーグルマップで調べると森の中。

その森を囲むように公道があるのにこの森に入るには1か所からのみ。

公道からT字路になって森に入るのですが、ここからは私道。

そして森に入ってからも目的地はずっと奥。

数件の家は公道近くから見えますが別荘か?

現地市役所から取り寄せた1/2000の地番図では、その私道に沿って地番がきれいな形で細分かされた不思議な場所でした。

とにかくどんな場所だかこの目で見たい気持ちでいっぱいでしたが県外へはコロナで自粛規制。

おとなしくしていましたが、6月にようやく他県への移動自粛が解除されたので、すぐ現地へ車で視察へ行きました。

 

【現地】

公道から私道に入ったすぐの道は遊びに行くにはすてきな場所でした。

f:id:obachanseesaa:20200704211445j:plain

ここはグーグルマップで入っていけないので目的地はネットでは見ることはできません。

砂利道と半分舗装された。。。されていた?道です。

目的地はもっとずっと奥になります。

f:id:obachanseesaa:20200704211606j:plain

途中一件家があり、そばまで行ってみましたが、どなたかの別荘らしく人影はありませんでした。

f:id:obachanseesaa:20200704211907j:plain

奥に進みます。

だんだん道がほそくなり雑草が生えています。

f:id:obachanseesaa:20200704212000j:plain

ところどころ更地になってきちんと管理されている場所があります。

途中、いくつか「売地」と書かれた看板が立っている場所もありました。

多分数年来経過したと思われる朽ち果てた状態の看板でした。

買い手、いないんですね。

奥に進めば進むほど道は狭く車1台分ようやく通れる道になりました。

ここからは家など建っていません。

f:id:obachanseesaa:20200704212149j:plain

過去には舗装されていた?形跡がわずかに残る車1台が通れる道。

ワダチの真ん中の山の部分に雑草が生えていて車の底に当たる音が連続します。

いつだれが前回ここを車で通ったのか?

f:id:obachanseesaa:20200704212441j:plain

木が倒れていてこれ以上奥に行かれませんでした。

この先、公道には続いていないのでいずれにしてもUターンするしかありません。

スマホのGPSと地番図をにらめっこしながら車で進んできましたが、どうもこの辺りが目的地のようでした。

回りは木が茂って境界線など全くわかりません。

境界線があるのかどうか?草を分けてまで探しませんでしたが、こんな奥の方まで突如として管理地があるに驚きです。

f:id:obachanseesaa:20200704212801j:plain

目的地を確定するために、ここに書かれた管理の不動産屋へ電話して管理場所と地番の確認をしました。

不動産屋の場所は近くだったので訪れることも可能でしたが、こちらの情報を伝えたくなかったのでホテルに戻ってから電話しました。

1か所は教えてくれましたが、それ以上はダメとのこと。

場所の確定はできませんでしたが、この辺りには間違いないと思われる場所までは行けました。

管理会社に聞いたところ管理料は80坪で年間2万円とのことでした。嫌々話してくれた風でした。

後で別の不動産屋さんに聞いた話によるとこの辺りで年間2万円は高額とのことです。

 

しかし、管理してもらうほどの価値のある場所だろうか?

【2/4に続く】 

 

www.obachi.club

  

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

おススメ記事&広告