おばちゃんお得情報奮闘記

めんどくさがりやが思いつきでいろいろトライして失敗しています。無謀なやり方で悪戦苦闘。お金返して~!

常磐興産優待利用でスパリゾートハワイアンズ宿泊詳細報告【後編】

こんにちは、おばちです。

 

スパリゾートハワイアンズ宿泊詳細報告後編です。

バンバン写真載せていきます。

 

夕食・朝食

 

ウオーターパークからでるあたりに更衣室があります。

ホテルに戻る時びちゃびちゃではいけません。

水着を脱いでシャワーを軽く浴びて、ムームーを羽織って足早に部屋へ戻りました。

( *´艸`)

ちょっと恥ずかしい。

 

夕飯は5時から。2階のフロントの正面。

フレンチポリネシアン・ブッフェ。

f:id:obachanseesaa:20181006162535j:plain

ラムチョプとイベリコ豚を目の前で焼いてくれていました。

プレート右のお肉、ボリューム満点です。

f:id:obachanseesaa:20181006162254j:plain

ハワイらしい食べ物もありましたが、味は全般的に普通かな。

デザートは目を見張りました。

ガラスの中にいっぱいです。

f:id:obachanseesaa:20181006162353j:plain

食べすぎました(*´ω`)

珍しいことにソフトドリンクが有料でしたね~

お腹いっぱいです。

 

ちなみに朝食も同じ会場でした。

f:id:obachanseesaa:20181006112416j:plain

朝食時は、 オムレツを目の前で焼いてくれます。

1つ1つとても丁寧に作っています。プレーンでお願いしました。

右のぷりぷりオムレツ。

中がトロトロで美味しかった♪

f:id:obachanseesaa:20181006161635j:plain

 

大露天風呂 与市

 

話はまたまた戻って当日の夜、夕食後。 

夜の公演まで時間があったので露天風呂へ行きました。

館内遠いので探検しているようで、おもしろかったです。

洗い場はなく不思議な空間。かけ湯してから露天風呂に入ります。

外はすでに暗かったのと露天風呂全体が薄暗い光でした。

人がいなかったので最初ちょっと不安になりましたが、そのうち子供の走り出す足音と声でホッとしました。

ここは世界最大の露天風呂と書かれていましたが、日本一って島根の玉造温泉じゃなかったでしたっけね?

 

翌日のお昼は、この与市の入り口にあるお蕎麦屋さんへ入りました。

床に座る席でしたが、座布団がスポンジでビニールカバーのため座り心地が今一つ。

おそばのつけ汁がとても濃かったです。

株主優待券で10%引いてもらいました。

 

スポンサーリンク

 

 夜の公演

 

さて、話は前後しますが、当日の待望の夜公演時間。

フロントで新しいバスタオルに取り換えてもらって座布団替わりに持参。

平日ですが、有料席はほぼ埋まっていました。

無料席の最前列は座席取りで早くから座っていたようですが、平日だったので無料席でもよかったかもしれません。

でも、座席予約はしてあるので慌てることなく時間少し前に着席しました。

f:id:obachanseesaa:20181006143837j:plain

8時半から単独ファイヤーナイトダンスショー。

10分ほどの公演ですが、これも迫力満点。

生バンドも曲と歌声、テンポの良い音で盛り上げます。

口に火を持っていったり、両サイドが燃えているナイフ?の部分に仰向けになって足を置いたり・・と、勇敢な演技です。

 

「そんな無理しなくっていいから・・やけどしちゃう。あちあち」

と母親気分でドキドキハラハラしました。

f:id:obachanseesaa:20181006143921j:plain

f:id:obachanseesaa:20181006143928j:plain

f:id:obachanseesaa:20181006143933j:plain

女性のフラが有名ですが、男性陣も見ごたえたっぷりです。

 

このファイヤーナイフダンスチーム「シバオラ」の公式グッズであるネックレスの販売広告があちこちにあり目に留まりました。

水牛の骨を手彫りで釣り針の形に模様がはいったもので、素敵です。

欲しくなりました。

f:id:obachanseesaa:20181006200952p:plain(ポスターの一部)

買うつもりでお店に行くと完売とのこと。

( ゚Д゚)

今では予約販売で2・3か月?待たないといけない・・・・で諦めました。

売り切れならあちこちのポスター宣伝・・・・・に釣られた分ガッカリです。

 

 10月1日に「シバオラ」デビューしたばかりの男性ダンサー2名がいることを後日知りました。ステージを見ていてこのお二人結構印象があります。

お1人は小柄、お1人は細身。

二人とも体づくりで筋トレ頑張っているようですね。見た目も大事。

頑張ってムキムキになって欲しいですね。

 

さて、女性陣。

f:id:obachanseesaa:20181006144539j:plain

f:id:obachanseesaa:20181006144603j:plain

マイレ瑠璃さんのソロ。

このソロ担当は毎日順番ですかね?

 

さすが女性のフラは華やか。

釘付けになり途中なんども鳥肌が立ちました。

夢中で見ていたので、あっという間に終了。

写真はすっかり忘れ最後の部分だけ数枚パシャリ。

 

フラのメンバーの、いつまでも自然の笑顔。

そして、とても楽しそうに踊る姿に魅了されました。

どうしてあれほど長くひきつらない笑顔が続けられるのか不思議です。

 

出演者紹介時のエンディングで流れた

 

♪ 大地に光を~♬ 果てしない夢を~♪ 太陽にキスを~♪ 変わらぬ瞳を~♬

 

がとてもいい曲・歌でした。

気になったので、終了後に会場スタッフに曲名を聞きました。

 

「虹を」

 

という題名。

早速iTunesで購入すべく1分間視聴したところ舞台で流れたテンポよりずっとスローでちょっとがっかり。

f:id:obachanseesaa:20181006153026j:plain

有料SS席は終了後フラガールとの写真撮影が特権で付いてきます。

踊ったばかりでサービス応対大変ですね。

 

その他

 

 翌日の帰りのバスの出発が3時半だったので、2回目の昼公演も見れました。

1泊2日で3公演見学です。

汗かきを抑えるために1回奥の自由席の最前列に座りました。

2階席より幾分涼しい?

昨日はあまり感じなかったですけど。

f:id:obachanseesaa:20181006115529j:plain

昨晩の有料S席から5列後ろの自由席最前列席です。

舞台からは離れていましたが、前座席に人がいないので良く見えました。

内容は前日昼公演と同じでしたが、何度見ても飽きず魅力ある舞台に夢中になります。

 

そうそう、ホテルハワイアンズの1階ロビーで12時半からの

「斉藤和雄エテネタヒチアンズ・ライブ」

の公演もたまたま出くわし見せていだたきました。

時間ピッタリに開始。

f:id:obachanseesaa:20181006115303j:plain

マカレア麻衣さん。

この方、6人いるソロダンサーの一人で公演中注目した方でした。

あ、顔隠すことなかったかな?

 

大勢の前で一人フラダンスをするのってすごいですね、自信たっぷりの笑顔が余裕です。ダンスに対する強い信念を感じました。

 

フラ・ミュージアムへも行きました。

f:id:obachanseesaa:20181006112104j:plain

ここ穴場スポットですね。

見ごたえがあり、歴史がよくわかります。

昭和41年から61年まで使っていたという24金の船型の浴槽も展示してありました。

キラキラです。当時の値段で2000万円とか。

 

「松竹や宝塚のショーを真似ようと思うな。少女歌劇やレビューを見たい人は東京か神戸に行けばいい。ハワイアンセンターはここでしか見られないショーを上演する」

 

常磐音楽舞踊学院の誕生パネルに書かれたハワイアンセンター創業者の中村豊さんの言葉が印象的でした。

映画フラガールを見てみたくなりました。

 

というわけで、十二分に楽しんできた今回のスパリゾートハワイアンズ。

今回の1泊2日株主優待を使ったホテルチェックアウト時の支払いは、

・モノリスホテル宿泊2人(バス往復・入場券含)

・フラガールショー有料席2人分

・スライダー3種共通2人分

・2日目お昼代

2人で行って約28,000円でした。

価格も非常に満足。

 

以前イメージしていたスパリゾートハワイアンズは、田舎にあるハワイまがいと、あまく見ていましたが、 行ってみると大違い。

イメージ先行で大変恐縮します。

施設の老朽化や増改築を繰り返した様子はあちこちに感じられましたが、それを覆すほどの楽しい思い出ができました。

老若男女、幅広く楽しめる素晴らしい施設です。

でも、これから予定する人へのお勧めは、

 

繁忙期は避ける

 

ことですね。

なかなか難しいかもしれませんでも、チェックインやチェックアウト(11時前に事前チェックアウト可能)、スライダーなどで待ち時間を費やすのは時間がもったいないし楽しみが半減します。

 

常磐興産の9月の株主優待が届くのは12月かな?

「虹へ」のメロディーが頭から離れません。

また利用して行きたいと思います。

 

【終】

  

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

おススメ記事&広告