おばちゃんお得情報奮闘記

めんどくさがりやが思いつきでいろいろトライして失敗しています。無謀なやり方で悪戦苦闘。お金返して~!

耐震補強工事の勧め

こんにちは、おばちです。

 

先日、自宅の耐震診断をしてもらいました。

結果は後日になりますが、最近とみに地震に対する備えの必要性を感じます。

きっかけは近々自宅のリフォームを考えているからです。

耐震

 阪神淡路大震災以降、政府や各自治体は地震に対する耐震性の強化に力を入れています。

今回の耐震は、無料耐震検査を利用しました。

 

「あなたの家は耐震補強が強烈に必要です!」

 

みたいな結果がでて、言葉巧みにだまされるんじゃないかと不安にも思いましたが、大きな地震によって家に押しつぶされてしまったら・・・

と、思うと命あっての生活なのでとりあえず無料診断ということなので、診断だけ先行してやってもらいました。

 

確かに年数がたった家なので本当に必要かもしれないし。

 

当初はリフォームだけのつもりでしたが、こういうきっかけでもないと耐震工事をやろうと思いませんね。

 

 普段からいざというときのために、手軽に水や食料や防災グッズの準備はしていても、工事金額は張ることは分かっているので住まいの耐震性を高めようとはなかなか思いつかないものです。

 

2階建ての家は地震で倒れるときは、柱が曲がってそのままずれて天井が倒れるため、押しつぶされるのは1階。

そのため耐震補強工事は柱の工事が中心となるようです。

耐震工事

こんな感じ。

阪神淡路大震災でも2階建て住宅では1階の人が圧死だそうです。

家がこんな風につぶれたら、当然そうなりますね。

 

そうならないためにも、命と財産を守る耐震補強は必要な工事かなと思います。

リフォームと同時に耐震補強工事もやることになるかもしれません。

 

 

今回のやっていただいた耐震検査では、1階の床下と1・2階の間と屋根裏を目視確認、写真撮り。

外壁は、たたいた音で確認していました。

その他質問をいくつかされて回答。

いらしたのは2人とリフォーム会社の担当者の計3人。

 

家を立てた時の確認通知書に間取り等の詳細がありましたが、壁の筋交いについては、うっすらと線がある程度ではっきり読み取れませんでした。

筋交いの確認をするには壁を壊さないとわかりません。でも、今回壁を壊しての確認はしませんでした。

建築途中の家の経過をたどった写真が大量に保管してあったのでそれを提出したことにより壁を壊さずに確認できたようでした。

 

柱の厚みや筋交いの入り方を写真で確認し、現在の間取りと変更していないかどうか

家の隅々まで確認していました。

屋根裏や1・2階の空間も覗いて写真を撮っていました。

家の中を見られてちょっと恥ずかしい(*´Д`)

 

検査は、1時間程。

耐震

(これで、家の傾きを調べてました。柱のある場所でレーザーを当てて確認)

 

 窓が大きくとられているけれど、筋交いも入っていてしっかり作ってあると口頭で言われましたが、屋根裏に「ひうち」という基礎の上の土台や梁と梁の角に打つ金物が、(家の四隅にはあるけれど)中心にないと指摘されました。

 

「ひうち」がないと家が歪んでくるそうです。

ただ、ひうちに関してはさほど費用の掛かるものではないとのことでした。

 

家の傾きは、玄関近くは1ミリの差、家の奥では10ミリも道路に向かって傾いていました。

 

結果は後日です。

いかに。。。

耐震補強工事 

自分でネットで調べたところ耐震補強の工事の平均は150万円だそうです。

あくまで平均であって上限は無限です。

それでも、費用が捻出できずに断念する人もいるとか。

補強の種類も多々あるようなので、工事をやることになったら限られた予算の中で優先順位を考えて選びたいと思います。

 

耐震補強の補助金をだしてくれる自治体もあるようなので、調べて大いに活用したいと思います。

 

命あっての生活ですよ。

 

木造住宅にお住まいの方への耐震補強工事検査の勧めでした。

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

おススメ記事&広告

 

スポンサーリンク