おばちゃんお得情報奮闘記

めんどくさがりやが思いつきでいろいろトライして失敗しています。無謀なやり方で悪戦苦闘。お金返して~!

思い切って初めた株取引のきっかけと2年半の感想

 こんにちは、おばちです。

 

株取引を始め2年半になります。株取引についての感想です。

f:id:obachanseesaa:20170219152817j:plain


振り返ると、たまたま定期預金が満期になったのを機会に、その信託銀行の窓口の勧めで投資信託を始めたのですが、全く知識もなかったので毎月分配型の2つのファンドをよくわからぬまま、勧められるまま選びました。

 

毎月、配当金が入ってくるのは嬉しかったのですが、元金のお知らせ通知が来るたびに確認すると減少していく元資金に不安を感じ信託銀行の窓口に聞きに行くと、

 

「分配されてきた毎月の配当金を含めると増えていますよ」と言われ

 

「違うな」

 

と感じたのがきっけでした。

ならば、自分でやってみようと。

 

ちょうど「ニーサ」という言葉もニュースで耳にし「お得らしい」と感じたので、ネットでいろいろ調べ始めました。

 

これが、株取引を始めたきっかけです。

 

だれに勧められたわけでもなかったし、自分の周りでネット証券を使って日常的に株の売買をしている人もいませんでした。

定期預金の利息を考えるとリスクを感じつつも株の取引に魅力を感じ、自分なりに理屈やノウハウを調べて納得して、心細く感じながらも「やれる」と思って株取引を始めました。

 

そして、現在2年半の期間が過ぎました。相変わらず試行錯誤しています。

「大幅利益♡」とは、ほど遠い状態ですが、IPO投資や、株主優待取得の楽しみも覚えました。

 

通常は自分の利益がでたかどうかばかり気にしますが、株を始めて一番感じたことは、海外投資家の力、資金の威力に圧倒され、こんなにも日本の株式市場は翻弄されるんだいうことです。

 

日本国内の株取引なのに、とてもスケールの大きい市場なんだと今更ながら感じます。自分が日々取引する小さな株であってもそれをけん引している海外投資家や国内のファンドを動かしている人たちが同じ市場にいるんだと思うと、経済の動きや日々のニュースにとても注目するようになりました。

 

日本の個人投資家は、自分も含めて株価がちょっと上がったところでこまめに売って利益を確定します。ちょっと下がったところでまた買います。


その点、海外の投資家は資金が豊富なので、株価が上がるときは鬼のように買いあさり、株価が下がるときはものすごい勢いで売り込みます。これに巻き込まれたらひとたまりのありません。

 

海外勢は、日本の個人投資家のように、細かい企業財務や売り上げに見向きせず、経済情勢などを頼りに予想で動きます。その証拠に会社の決算がいいからと、かならず株価が上がるとは限らないことです。

 

自分は、株売買の楽しみの一つとして優待取りするようになり方向性は変わりましたが、年金資金を動かしているプロの投資家さんでさえ、数兆億の赤字をだすのですから、素人の私が大儲けできるわけないのです。いまのところ赤を出さずにやれていること自体すごいことです(笑)

一瞬で大金が吹っ飛んでしまう株の世界なので、優待品をもらってワクワクするのが関の山なのかもしれません。

 

去年、海外勢の売り越しが最大で、日本市場から去ったなどというアナリストもいましたが、トランプ大統領に変わったあたりから外国人パワーが戻ってきたのでは?

こういった何かのきっかけでまた日本の株式市場が大きくかわっていくんですね。

 

外国人投資家の動きをよく観察して、同じように動けばもっと上手に利益を積み重ねられるかな思います。逆らわず付いていくコバンザメ手法ですね。

情報の速さがものをいう世界です。

 

思い切って初めてた株取引、今年は(も?)頑張ります!

 

 

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

 

スポンサーリンク