おばちゃんお得情報奮闘記

めんどくさがりやが思いつきでいろいろトライして失敗しています。無謀なやり方で悪戦苦闘。お金返して~!

IPO申し込みは去年124回して3回当選で勝率2% 無駄な動きをなくすには?

こんにちは、おばちです。

 

IPOについてです。

IPO

 IPO抽選に申し込みをするために資金を移動させるために時として奔走していましたが、果たしてこれでいいのかと思っています。

 

だれもが、最初にぶつかる壁に「IPOはいくら申し込んでも当たらない」ということ。当たらないことが続けば、申し込み自体をやめてしまい、申し込みをやめれば絶対当たらない、と宝くじ買いと同じになります。

これで諦めてしまう人も多いのでは。

一度でも大きく利益がでれば意欲もでますが、その1度のチャンスさえなかなか訪れません。

 

ネットでは、IPO当選確率を上げるためには、証券会社口座をなるべくたくさん開設し、取り扱いのある証券会社がIPO受付をした際、できるだけたくさんの証券会社で申し込みをすることと、多くの人がいいますが、資金移動が大変です。締め切りや資金の充当期間がそれぞれの証券会社によって違います。

本当にそれでいいのか?

 

口座開設は一時の努力でできますが、IDもパスワードも増えます。

どの証券会社の扱いのIPOがあるか、個々の証券会社にいくら現金を入れるか、いつ入れるか、どうやって入れるか。。。で、奔走することになるのです。

 

資金に余裕があればこんな無用な心配な必要ないのですが、ないがために努力が必要になります。頭で考えて行動に移して申し込みをして外れると一連の流れが連続して繰り返されます。

 

去年、自分はIPOへの申し込みを124回しました。一昨年の郵政3社IPOから始めたので去年は1月から12月までIPOへの申し込みを積極的にしました。一つのIPOに対していくつかの証券会社からの申し込みをしてる場合、それぞれカウントしています。

最初から申し込みの魅力のないIPOや、資金繰りができず申し込みできなかったり、未開設の口座で申し込みしたくてもできないものもたくさんありました。でも、なるべく多く努力して申し込みをしました。

 

でも、当選したのは、たったの3つです。2%です。

 

他の方のブログでは、何度も当選したと書かれているのを読んで、うらやましい限りですが、何度も当選されている方はそれなりの努力(資金の余裕のある人は別です)が、あるはず。

 

もうちょっと効率よくIPOに当選する方法はないかと思います。当選を狙うだけではなく効率のいい申し込み方です。

 

スポンサーリンク

 

つまり、倍率を考えて申し込みをしないで早々に諦めるということです。人気があるからと、資金の調達を優先し闇雲に手配するのではなく当たる確率と申し込むための自分の手間時間をよく考えてから申し込みをする方針に変えました。

 

たとえば、

 

IPOの主幹事に注目する

 

昨年の当選の一つにコメダHDがあります。上場日は残念な結果でしたが、この主幹事は大和証券で自分は大和証券申し込みで当選しました。アイモバイルもSBI証券が主幹事でSBIでの申し込みで当選しました。

 

昨年は、IPO当選が2%と書きましたが、主幹事での申し込みでなければ、当選せず倍率はもっと低かったか0だったかもしれません。

 

抽選配分に注目する

 

主幹事と主幹事でない証券会社との当選数割合を考えると愕然とします。

IPO

 これは、昨年のあるIPOの取り扱いのある証券会社の一覧です。

主幹事が85%で、その他は5%以下。

主幹事でない証券会社での当選は難しいことが数字でわかります。

 

上記のIPOで枚数配分の少ない証券会社の口座に資金を移動させてまで申し込みをする必要があるかどうか・・・です。資金を作るために持ち株を意図せず売ったり、資金移動するために銀行に行ったりという行動についてです。

 

配分の多い証券会社に比べて配分の少ない証券会社では、当たらない確率のほうが断然高いです。

 

すでに口座に十分な資金が入っていて申し込みをするだけで簡単いいなら話は別ですが、慌てて資金移動させてまで申し込む努力はしなくていいのではないかと思うわけです。

 

去年の自分だったら、2%の配分でも申し込みをしていました。資金が許す限り2%の確率の証券会社でも主幹事証券会社と同様に、全く差を感じることなく。

 

でも、今年はやめました。

 

というか、やめてみます。

 

今年の年末にまたIPOの当選率を出したいと思います。同じ2%の確率で当選していたら、去年の無駄な動きを笑うことになりますね。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

 

スポンサーリンク